貴金属のすすめ!

様々な価値がある貴金属

大切にしていくために

ジュエリーを購入すると、普段使いで着けて楽しみたいものです。お気に入りの宝石であれば、なおのこと毎日着けている時間が増えます。冬場であれば問題ないのですが、汗を多くかきやすい夏場だと、ジュエリーはすぐに汚れてしまいがちです。特にシルバー系の金属で作ってある金具は、汗と酸素によって黒くなってしまいます。さらに、宝石自体もメンテナンスを怠ると、輝きが半減してしまいます。 そうならないために、宝石の正しいお手入れ方法をいくつかご紹介します。まず、宝石にはそれぞれ破損しやすい条件があります。先ほど述べたように、汗や酸素によって、酸化したり傷みやすいのはシルバー系の金属です。この汚れは、宝石にも移ることがあるので注意が必要です。こういった黒ずみを落とすには、専門の浄化液に浸して洗浄すると良いです。

 浄化液に数分浸しておいて、水で洗い流します。タオルで水分を取ってから、布で丁寧に優しく磨いていきます。この時に、ジュエリーまで磨かないように気を付けます。この磨いた汚れが、ジュエリーに移ると、取ることができなくなるためです。 次に、具体的な宝石を例に挙げていきます。最初に、女性に最も人気があるダイヤモンドを見ていきます。このダイヤモンドは、石の中では最も硬い硬度を誇ります。

そのため、傷には強いのですが、汚れやすいので適度に磨くことが大切です。中性洗剤をぬるま湯に数滴落として、混ぜ合わせます。その中にダイヤモンドを入れて、優しく撫でるように洗います。ちなみに、ダイヤモンドは硬度が高いのですが、一か所に負荷がかかると、割れやすいので扱う際は注意が必要です。その後、水で洗い流して、清潔な布で磨きます。 炎のきらめきをたたえたオパールは、とりわけ火に弱いので、熱が加わるような場所へ行く際は身に付けない方が良いです。それから、この石は水分を好むので、湿気対策は時に必要ないです。洗浄する際は、ぬるま湯だとダメージを与える可能背があるので、布で汗や埃を落とすようにします。 冠婚葬祭の時に、よく身に付ける真珠についても紹介します。真珠は、幾枚もの層が重なってできているジュエリーです。

ですので、この層を壊す働きを持つ成分が付着しないように気を付けると良いです。例えば、汗のほかに、果物の果汁などがあります。こういった物が着いてしまったら、ぬるま湯に入れて洗浄の後、布でふき取ると良いです。 このように、宝石を大切にしていくためには、いくつかの方法があります。長く使えるように、ぜひ自分でケアすることをお勧めします。

MENU

Pickup Site

オンライン、貴金属・
プラチナ・ダイヤモンド
の高価査定ガイド

ダイヤモンドの相場価
格を参考にご売却下さい。
各種宝石買取ランキングサイト

決定版!ダイヤモンド
の高価買取比較ランキング
サイト