貴金属のすすめ!

様々な価値がある貴金属

宝石や宝石付き

宝石とは地中から生まれた石であり、現在でのその種類は百種類以上はあると言われています。それらは地球の奥深く自然の流れと時間の流れの中で、類い稀な偶然から人間に発見された価値のある原石です。それが本当に価値を見出すのは人間の手によって研磨され加工され、完成した時だったのです。地中から生まれた石は実に様々な物として利用価値がありました。例えば色々な儀式を行う時の装飾品や女性を着飾るジュエリーとして、人々を魅了します。一体いつ頃から宝石は人々の暮らしに根付いてきたのかは、はっきりとはわかっていません。

世界中の様々な文献から宝石や宝石付きの品物を使っていたとされる、記録がたくさん残されています。それは旧約聖書が存在する紀元前の頃から、日本では縄文時代である一万年以上もの大昔から儀式や身に付ける飾りや武器、道具など色々なことに利用されていました。こうした記録から昔は人々の暮らしの中に身近にあり、暮らしに役立つものとして存在していたのです。近年になると宝石をより美しく魅惑的に見せる技術がどんどん進化していき、それは実用的というよりも装飾品やジュエリーとしての価値を大きくさせていったのです。やがては宝石の大きさや有無によって品物としての価値も大きく左右されるものとなり、数々の逸話や伝説が人々の間で語り継がれる有名な物もたくさん生みだされていったのです。

現代では値段も手ごろな物から高価な物まで色々な種類があります。昔は権力の象徴やパーティーや何かの会合などでの装飾品として扱われる特別な存在でありましたが、現代ではとても身軽なアクセサリーとして利用されています。特に最近では値段よりもデザイン重視の傾向にあります。石の形はなかなか変えられないので、石をはめ込んである金属などの土台を変えてまったく別のアクセサリーとして楽しむのはごく普通のことになっています。そんな傾向があるかと思えば太古の昔のように、宝石を自分のお守りとして身に付けるのも最近の流行であり男女を問いません。

このような物はパワーストーンなどと言われることがあります。自分に必要だと考える石を選び、自分の好きなデザインであるネックレスやブレスレット、ペンダントやイヤリングなどをいつも身に付けたりします。技術が進歩してさらに美しく磨きがかかった宝石ですが、古代からの使い方をされているのは面白いことです。それほどにこの石は人々の心に深く入り込んでいると言っていいのかもしれません。古代でも現代でも心の拠りどころとして、この美しい石はこれから先も人々共に歩んでいくことでしょう。

MENU

Pickup Site

オンライン、貴金属・
プラチナ・ダイヤモンド
の高価査定ガイド

ダイヤモンドの相場価
格を参考にご売却下さい。
各種宝石買取ランキングサイト

決定版!ダイヤモンド
の高価買取比較ランキング
サイト